そもそも、不調の根本的な原因とは?

そもそも、不調の根本的な原因とは?

不調の原因は、「上部頚椎の異常による神経の衰弱」です。

痛みやシビレなどの不調は、上部頚椎を通る中枢神経(運動神経・自律神経)の異常により、本来人間が持っているイネイト(自己治癒力)が半減することが原因で起こっています。

「上部頚椎の異常による神経の衰弱」の原因には、

  • 普段の姿勢
  • 呼吸の乱れ
  • 運動のやりすぎ・やらなすぎ
  • 自律神経の乱れ
  • 心の問題

などが考えられます。
不調を一時的に改善するだけでは、時間が経てば再発を繰り返し、いつまでも通院生活から抜け出すことはできません。

「上部頚椎の異常による神経の衰弱」だけでなくその原因まで解消することで、不調の改善に加え、再発しない身体づくりを目指すことができます。

不調が起こる流れのイラスト