マインドフルネスが流行っています

最近耳にすることが多くなった「マインドフルネス」。どこかで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか.
最新の脳科学で「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経回復」など効果が実証され、アメリカではグーグルをはじめフェイスブックやインテル、マッキンゼーといった企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられています。
また、小学校など教育機関で積極的に取り入れた結果、子供たちのいじめや差別が減ったという報告もあります。
日本でも、テレビや雑誌で特集が組まれるなどマインドフルネスはいま世界的に大きな注目を集めています。
マインドフルネスを簡単に言うと「今、ここに集中している心の在り方」「ビーヒアナウ」のことです。
スポーツ選手が絶好調の時に「ゾーンに入った」という言い方をすることがありますが、その状態に近いと考えるとわかりやすいかもしれません。
雑念を持たず、リラックスしてただ今だけに集中して研ぎ澄まされている状態。無理していないのでストレスもありませんし、最も自分の力を発揮できる状態でもあるわけです。
マインドフルネスは、そんな状態のことや、それを目指すプロセスのことを指します。
一般的に、普通の我々はそんなマインドフルな状態とは程遠い所にいます。一日に処理する情報量は増え、なかなか心休まる時間を持てませんし、頭の中のおしゃべりは止まることなく「不安、否定、恐怖、評価、どうにもならない過去のこと、どうでも良いこと」をずっとしゃべり続けています。一言でいうと「あれこれ考えすぎ」ている訳です。そうしていると、混乱して事実が見えなくなったり、否定的な声が大きくなってストレスが溜まったり、結果的にパフォーマンスも下がってしまいます。
マインドフルネスとは、そんな精神状態を意識的に改善していこうとするものであり、リラックスしているのに感覚は鋭くなり、それまで振り回されていた漠然とした不安感がなくなり、精神的に安定した自分になることができるというものです。
そんなマインドフルネスでよく用いられるのが瞑想です。瞑想というのは古くから禅やヨガなどで行われていたものですが、マインドフルネス瞑想はそこから怪しげな精神性や宗教的な要素を取り除いたもので、誰でも気軽にできるところにも大きな特徴があります。

2018/09/11