プラシーボ効果とは?思い込みによって生じる効果は絶大?!

心理現象の一つに「プラシーボ効果」というものがあります。多分テレビや雑誌などでこの言葉を耳にした人は多いのではないでしょうか。とても有名な心理現象の一つです。プラシーボ効果を簡単に説明すると、自分の思い込みが体に良い影響を及ぼすことを指しています。日本では「偽薬効果」と呼ぶこともあるようです。プラシーボとは、薬効のない成分である薬を本物の薬として信じ込ませ服用させることにより、本人の症状が回復傾向になったり、治ったりすることを言います。また、プラシーボ効果はプラセボ効果とも言ったりします。プラシーボという言葉はラテン語であるプラセーボからきています。「私を喜ばせる」という意味をもった言葉に由来した英語であり、医学や薬学ではプラセボという言葉を用いることが多いのです。
このプラシ-ボ効果は1955年ヘンリーピッチャーが研究報告をし、広く知られるようになりました。その後も様々な心理学者が実証実験を繰り返し、思い込みによって成果が上がったり症状が回復することを実証しています。しかし、一方では、疑問視する意見も出ており治療手段としての偽薬の効果は限られているという報告もあります。現在でもプラシーボ効果については、様々な研究が進められているようです。プラシーボ効果の実証実験として有名な例は、患者に対し「これは鎮痛剤です」と伝え服用させるが、実際は薬効のない薬を処方したところ、およそ3割の患者に改善傾向がみられたという報告があります。また、ある医療機関では、患者を手術室に運んだだけで実際には手術しないにも関らず、手術を受けたと思い込んでいる患者の怪我は、回復傾向を見せたそうです。
このように、思い込みの影響力というのは大変強いものだと言えるでしょう。また、「病は気から」という言葉がありますが、まさにそうで、思い込み次第で病の症状も変化する傾向にあると言えるかもしれません。また、プラシ―ボ効果とは別に「ノーシーボ効果、ノセボ効果」というものがあります。簡単に説明しますと「この薬は副作用がありますよ」と患者に伝え服用させるが、実際には薬効のない薬を処方したところ、ほんとうに吐き気などの副作用が出てしまう、といったようなことがあったそうです。このように思い込みの影響力を使い私たちの日常生活でプラスに使うことができれば恋愛や仕事に大いに役立つのではないでしょうか。?