クーエの自己暗示法

エミール・クーエ(1857~1926)フランス人サジェッション(自己暗示法)の創始者、暗示によって奇跡的治療を行う。
フランス北東部のナンシー市に、エミール・クーエという薬剤師が開業していました。ある日、一人の男がある薬を欲しいから売ってくれないかと頼みました。クーエは自分のところにある薬はすでに使用期限が切れているだけではなく、色も褪せているので、この薬は効かないだろうから、売るわけにはいかないと断りました。するとその男は,その名前の薬は効くのだからぜひ売ってくれと懇願したので、クーエも「では責任は取らないから」と売ることにしました。数日するとその男が現れ、「あの薬を飲んだら病気が治った」とお礼を述べました。驚いたクーエは、なぜこのようなことが起こるのか疑問に思い、薬の効果には薬という物質の他に、「必ず治るという思い」が働くのではないかと考えました。この考えをもとに、それからは何人もの治療を施し多くの患者はみるみるうちに症状が改善していたのです。クーエは薬剤師をやめ「クーエの自己暗示療法」という治療法を始め世界的に有名になりました。クーエは、この過程の中で「誘導自己暗示」自己暗示とは、意識の能力ではなく無意識の能力であるという考えを示し、と同時に暗示の法則も開発しました。
この「暗示」という考えこそが、実は「潜在意識」にアクセスする鍵なのです。暗示は潜在意識へインプットするためのプログラムであり、この鍵である暗示を適切に潜在意識へインプットできれば、潜在意識はそのプログラムに従って、全力をあげて働きだすのです。
暗示をインプットするにあたって最も障害になるのが顕在意識です。顕在意識が邪魔をして、インプットすることができません。例えば、催眠状態になるとか(クーエは全ての催眠は自己催眠であると言っている)驚いた状態にいるとか、何回繰り返すとか、暗示が有効になるためには様々な方法がありますが、ポイントは顕在意識が邪魔をしない環境を作り出すという点にあります。言語は人間の考えを伝える道具です。身体にいろいろな影響を与えるということになります。考えは脳の中だけではなく全身に影響を与えます。人体の中心には脳(中枢神経)があって、全身の受容器(感覚器)から情報が送り込まれ、脳から全身に指令が送られています。その指令は筋肉だけではなく、すべての内臓器官にも送られます。例えば、胃の運動や胃液の分泌など脳からの指令を受けています。私たちの脳はほとんど私たちの知らない間に働いていることになります。人間はいつの間にか脳で起こっていることは全て自分はわかっており、脳から出ている指令は全て自分が出しているものだと思い込んでいます。特に、人体についてはそれが自分のものでありながらほとんどわからないので、他人から聞いた知識や不安をそのまま飲み込んでしまいます。脳の中に入り込んだ言語(情報)は全身に影響を及ぼし異常が起こってきます。「痛み」という言葉は実際の痛覚を引き起こします。病気そのものが言語の力、つまり、暗示で起こっていることが多いのであります。
「クーエの自己暗示」の上げますと
1、ある考えが精神を独占してしまった場合、その考えは実際に肉体的もしくは精神状態として現れる。
2、ある考えを意志の力で抑えようと努力すれば、その考えをますます強めてしまうだけである。私たちは常に暗示の中で生きています。あらゆる情報の中で何が自分にとって良いか、何が自分にとってふさわしくないかと常に自問自答しながら生きなければいけません。「病は気から」という言葉は消極的な自己暗示を持たず常に積極的な自己暗示を心がけることにより病気をふせぐことができるのです。