SOT(仙骨後頭骨テクニック)とは

脳脊髄液の循環を整え、人間の本来持つ自然治癒力を高める治療法。本院ではSOT治療を行っています。
SOT(仙骨後頭骨テクニック)はM.Bディジョネットが確立したテクニックで仙骨(Sacrum)と後頭骨(Occiput)の関係性から名付けられた治療法です。この2つの骨は脳と脊髄を覆っている硬膜で固定されており、この膜の中は脳脊髄液で満たされています。脳脊髄液は中枢神経の保護や栄養の補給、老廃物を運び出す役割をしており、後頭骨と仙骨の規則的なわずかな働き(第一次呼吸メカニズム)で脳と脊髄、ほかの神経組織のまわりをめぐり身体を循環しています。この環境システムこそが、健康にとって最も重要な機能なのです。しかし、様々なストレスがかかると土台である骨盤(仙腸関節)がねじれをおこし、次いで脊柱、頭蓋骨も湾曲を起こします。この結果、硬膜も湾曲が起こることで脳脊髄液の循環が滞り、様々な神経障害を起こしていきます。
SOTは、この脳脊髄液の循環を整えることで、人間の本来持つ自然治癒力を高める治療法なのです。
頭蓋骨調整は微細な動きと歪みに焦点をあてた。カイロプラクティックの中でも専門的な分野といえます。脳や脊髄は硬膜という非常に強い組織によって覆われており、その内側のクモ膜と呼ばれる非常に薄い膜の中を脳脊髄液が循環しています。脳脊髄液の循環において重要なのは頭蓋骨と仙骨におけるポンプ運動であるため、SOTの治療によって頭蓋骨のバランスを整えるとともに仙骨、それをつなぐ背骨の働きを改善させることによって脳脊髄液の産出と循環を改善し、神経機能を高めることができます。