梵のくぼって聞いたことありますか?

梵のくぼって聞いたことありますか。?カイロプラクティックではギリシャ神話に出てくる神、アトラスといいます。「アトラス」は天空を肩にのせて支える神、つまり人間に例えると、頭を支える首、環軸関節(第一頸椎、第二頸椎)というところがアトラスなのです。その真ん中にあるくぼんだ所が「梵のくぼ」です。梵とは、梵我一如(ぼんがいちにょ)から来ている言葉です。梵、(ブラフマン:宇宙を支配する原理)と我(アートマン:個人を支配する原理)が同一であること、または、これらが同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想。古代インドにおけるアーユルベーダの究極の悟りとされる不二言論(advaita,アドヴァイタ)ともいいます。。簡単に解釈すると「宇宙は個人と一体である」ということです。ですので、その梵のくぼが詰まることは宇宙の叡智、エネルギーが得られず宇宙と一体化できないということです。自然治癒力、自己治癒力といわれる{宇宙の叡智}を得るために、エネルギーが最も流れる梵のくぼの捻じれや詰まりのない身体にしましょう。