おなかにある第2の脳【太陽神経叢】

お腹のチャクラ(マニプラ・チャクラ)は、胸にあるチャクラ(ハートチャクラ)に比べて、認知度の点ではちょっとマイナーな存在です。でも、実は重要なポイントなのです。お腹には、胃袋、肝臓、すい臓、ちょっと奥にある腎臓・・・といった重要な臓器が集中しています。いわゆる体内の化学工場みたいなところで、もちろん、各種ホルモンの出どころでもあるのです。中でも注目されるのは、太陽神経叢です。太陽神経叢は、神経の塊で一応医学用語ではあるのですが、医学いうより、ヨガとか気功の方面で有名です。「西洋医学より東洋医学で注目されてきた存在」といった方がいいかと思います。太陽神経はお腹の上のほうの「ミゾオチ」と呼ばれるところにあり、形が太陽に似ている(本物の太陽というより周りにたくさんの光線が伸びている、絵に描いたお日様みたいな感じ)ということからそう呼ばれています。胃も肝臓も他の臓器も日ごろは全く意識していないのに、いつも自動的に働いて、身体を支えてくれている、このように自動的に働いてくれるのは「自律神経」のおかげです。内臓が正しく働くようにするためには、自律神経の調整が大切です。それが上手くいかないと、巷でいう自律神経失調症になってしまいます。自律神経失調症は恐ろしく、眠れなくなったり、起きられなくなったり、酔っぱらているわけでもないのにゲーッと吐いたり、暑くもないのに汗をかいたり意識がもうろうとしたり様々な身体の不調をきたします。日ごろは意識していない自分の身体の一部「自律神経」ですが失調して初めて重要性に気づく、それが自律神経です。通常、自律神経の中枢は、間脳の視床下部にあるとされています。視床下部とは、名前の通り、脳の下の方にあって、脳下垂体がぶら下がっているところ。何も考えなくても内臓が勝手に働いてくれるのは、ここがコントロールしているおかげなのです。でも、そんな重要な役割を脳だけが担っているわけではありません。お腹にも「第二の脳」ともいわれる自律神経の中枢があり、それが「太陽神経叢」です。この辺りには重要な臓器が集中していて、それを自動的に動かすのが自律神経の大きな役割なのだから、ここに「現場の拠点」みたいな、もう一つのコントロールセンターがあっても不思議ではありません。体内の活動は胃腸や肝臓などで起きている。すべてをコントロールするには、脳からでは遠すぎる。「事件は現場で起きているんだ‼」といったところだろうか、脳からの指令を受けながら現場を指揮するのは、お腹にある第2の脳、つまり太陽神経叢の役目なのです。お腹のマニピュラ・チャクラはそんな太陽神経叢の位置にあり「ここが重要だ」と見抜いたのは、やはりインドの叡智だろう。消化器系が弱い人にとっては特に重要かもしれません。悲しい時にお腹がズーンと重くなり、食欲がなくなる、心の働きも脳だけがやっている訳ではないのだ。むしろ、感情のかなりの部分はお腹で起きている。というのも、危機を感じたときはお腹の奥にある副腎からアドレナリンが放出され、全身の血管を巡りだす。これは、全身から冷や汗が出たり、緊張で体が固まったり、そういう作用を起こすホルモン、つまり、恐怖や不安もその逆も、おなかの奥から出てきて全身に広がるようになっているのです。

そのせいか、このチャクラはしばしば「自我」や「自信」と結びつけられています。昔の人も、副腎やアドレナリンのことなど知るよしもないけど、ここが恐怖や不安の源泉だということに気付いたのだろう。
この重要な場所(太陽神経叢)の働きを助けるのはお腹の筋肉の柔軟性です。さらに、その裏にある脊髄の歪み、第12胸椎と第1腰椎を正すことです(東洋医学でいう「慕穴」内臓のツボが集まる場所を正すことで太陽神経叢の働きがよくなり自律神経が体の不調を正常にしてくれます。当院では自律神経が正しく働いてくれるよう施術を施します。