育成光線が体を健康にする

育成光線とは人が生きていくために絶対に必要な太陽光線に含まれる光の一種です。太陽光線には様々な波長があり、放射線、紫外線、赤外線、マイクロ波など、波長によって性質が異なり、中でも赤外線は温める効果に優れているため様々な分野で利用されています。赤外線の温め効果の仕組みは、赤外線の振動周波数が人をはじめ食品、プラスチック、繊維などの分子の振動と合うため、物質に照射された赤外線が共鳴吸収され、形成する分子の振動を活発にして温度が上がるのです。
地球上の物質は、全て赤外線を発しており、人体からも赤外線を発しています。子供の頃、お腹が痛いときにお母さんにお腹をさすってもらうと痛みが和らぐ感じがしませんでしたか?それは、お母さんの手から発している赤外線が吸収され自ら発している赤外線と共鳴(ハーモナイズ)し、赤外線の持つエネルギーが熱に変わって体を内部から温め(自己発熱)するため、痛みが緩和されるのです。
「育成光線」ってあまり聞きなれない言葉ですが赤外線には「近赤外線」「中赤外線」「遠赤外線」とに分けることが出来ますが中でも特に体に言いといわれているのが6ミクロン~14ミクロンの波長をもった「育成光線」「吸収光線」といわれる中赤外線です。育成光線は太陽光線の中で人間の体に最も効果的に作用する自然のエネルギーであり、生体の代謝、成長、生育、体温36,5度保持に不可欠な波長といわれているエネルギーが集中しています。。
当院ではこの理論に沿って呼吸と手当てによって全身の体温を36,5度に回復し、身体の波長を整え、健康な体へと導きます。波長が共鳴し、育成光線が共鳴(ハーモナイズ)すると不調だったところは体温が上がり血液循環が正常になり自己治癒力が最大限に発揮され本来の体に回復され、身体が温かくなることを実感できます。