呼吸筋のメカニズム

人間が一日平均2万回も行っているもの・・呼吸。今、美しさや健康を高めらるとして改めて”深い呼吸”に注目が集まっています。呼吸が整うと、どんないいことがあるのでしょうか?また、最近新たに解ってきたこととは、私たちが生きている限り行う呼吸について、様々な角度から注目が集まっています。「呼吸は、無意識にしているものでもあり、また意識的にコントロールすることもできるものです。意識的、無意識にかかわらず、呼吸活動の7割近くを担っているのがお腹にある「横隔膜」です。横隔膜とは、人間の体の最大の呼吸筋。つまり息を吸うときに使う筋肉です。この横長ドームのような筋肉は、息を吸ったときに収縮してぐっと下がります。横隔膜が下がるとき、同時に内臓を押し下げています。すると、その圧力に応じて、横隔膜の上にある胸郭のスペースが広がります。「胸郭は肺が入っている部屋」だと考えるとわかりやすいかもしれません。肺の入っている胸郭という部屋は、密封された空間ですので、大気の空気圧よりも低い状態で保たれています。そのスペースが息を吸うときに横隔膜が下がることで広がり、空気が入ってくるのです。空気が入ってくる動きに応じて肺が膨らむ、と思っている方がいるかもしれませんが、それは違います。逆なんですね!横隔膜を下げ、肺を拡張させて空気を吸い込む、これが息を吸うときに起きていることです。では、吐くときは何が起こっているのでしょうか?これは無意識のときと意識してコントロールするときでは少し違います。無意識下では、息を吐くときの筋の活動は起こりません。先ほど、吸うときに横隔膜が下がると言いましたが、息を吐くときはそれが自動的に戻ってきているだけなのです。ただし、意識して強制的に息を吐こうとしたときには、筋の活動は起こります。呼吸は、このように上下の動きが繰り返されることによって、肺が収まっている胸郭内の圧力が変化し、空気の出入りが行われています。つまり、横隔膜の動きが悪くなってしますと呼吸にも大きく影響するのです。呼吸を深くする、いい呼吸をするためには、横隔膜の働きを高めることが必須です‼とはいえ自己流の腹式呼吸や胸式呼吸で横隔膜を鍛えるのは至難の業ですし、うまくできずに挫折してしまいます。横隔膜がきちんと動くには骨盤底筋体操(クンバカ)そしてお腹の筋肉を柔らかくする活息(いきいき)健康体操が必要です。