女性の薄毛にAGA治療は有効なのか

女性の薄毛にAGA治療は有効なのか

男性の薄毛・抜け毛治療として病院でも行われているのがAGA治療です。AGAとはそもそも男性型脱毛症のことで、男性ホルモンが主な原因となって抜け毛が増え薄毛となっていきます。

 

このAGA治療では、主にプロペシアとミノキジルといった内服薬や外用薬を併用して行われます。

 

その他にも治療を行っている病院によって、生活習慣や食事についてのアドバイスなどを受けながら治療していくのです。

 

では、女性の薄毛にとってもこうしたAGA治療は行われるのでしょうか。そして、また有効なのでしょうか。

 

女性の薄毛は、その症状や進行具合も男性の薄毛・抜け毛とは違いが見られます。基本的に女性の場合は、薄毛になっても男性のように頭部の髪の毛が全てはげてしまうといった事はありません。

 

しかし、原因は女性ホルモンの減少やストレスなどによって男性ホルモンが増加する事などがあげられます。男性の場合と同様に、ホルモンが女性の薄毛に大きな影響を与えていることは間違いないのです。

 

AGA治療を行っている病院では、女性に対してもその治療が有効のように謳っている事があります。

 

しかし、そういったAGA治療を行っている病院であっても女性に対するAGA治療は、男性に対する治療と全く同じものではありません。

 

男性のAGA治療においての柱となるプロペシアは、女性に使われることはないのです。

 

プロペシアは、女性には効果がないだけではなく重大な副作用を招きかねません。特に妊娠をしている女性、妊娠をしている可能性のある女性にとっては禁忌となる薬なのです。

 

女性の薄毛治療は、基本的に男性のAGA治療とは異なると考えてください。男性の治療と同様にミノキジルは女性にもよく使用されます。
そのほかにも、サプリメントやマッサージ、頭皮ケアなども同時に行うと効果的です。

 

女性の薄毛は今や珍しいものではありません。こうした女性の薄毛治療が行える病院も増えてきました。もし、薄毛に悩んでいるのなら病院へ足を運んでみてはいかがでしょうか。